ブログ

はじめに

 

WEB集客の代表的な手法に、「SEO対策」と「リスティング広告」があります。

おそらくこのブログをご覧頂いている方の多くは、SEO対策についてご存知かと思います。

 

SEOを知らない方のために、簡単にご説明しましょう。

SEO対策とは、「GoogleやYahooなどの検索エンジンで、サイトを上位表示化させるための最適化」のことを指します。

WEB集客の基本であり非常に重要な要素であるため、弊社でもこのSEOのご依頼を多くいただいております。

 

しかし、リスティング広告とは何なのか?と聞かれると、ボンヤリとしか理解していない方も多いのではないでしょうか。

 

SEOとリスティング広告は共通する部分があるので、しばしば似たものとして捉えられがちですが、その効果や目的は異なります。

そこで今回は、リスティング広告についてSEOとの類似点、相違点を明らかにしながらご説明します。

※ここでは便宜上、「リスティング広告=検索連動型広告」としています。

 

リスティング広告とは

YahooやGoogleなどの検索エンジンで、ユーザーがあるキーワードで検索した時に、

そのキーワードに応じて検索結果画面に表示される広告のことを「リスティング広告」と呼びます。

リスティング広告は基本的に、広告をクリックされた回数に応じて料金を支払う方式となっており、

上限の予算や広告の掲載頻度をコントロールできるため、企業や個人事業主の集客ツールとして広く利用されています。

 

SEO対策とリスティングの共通点とは?

どちらも「検索エンジンで何かしらの検索行動をしたユーザーを、WEBサイトに誘導する」という点が共通しております。

ユーザーが検索行動を取るということは、何かしらの情報を求めていたり、特定の商品・サービスの購入を検討している可能性があります。

そのような「目的」をもった潜在顧客に対してアプローチをかけるという意味では、この2つのマーケティング手法は同じです。

 

SEO対策とリスティングの相違点とは?

 

SEO対策の場合、上位表示させたいWEBサイトが検索エンジンの上位に表示されるかは、ランキングアルゴリズムによって決定されます。

情報の質とボリュームが高いサイトは上位表示される傾向にありますが、そのためには多くの時間と労力、コストを要します。

 

一方リスティングは、検索エンジンの広告枠を「購入する」行為なので、

極端な話、お金を出しさえすれば検索結果の上部に表示させることが出来るのです。

(厳密にいえば、かける費用のみが検索結果を左右するのではありません)

設定にそれほど時間も取られないため、比較的すぐに成果が見込めるでしょう。

 

どちらに力を入れれば良いの?

 

ご説明した通りSEO対策とリスティングは、共通点はあるものの異なるもののため、どちらが良いかは一概には言えません。

 

一般的に、リスティングは「コストをかけてでも、すぐにでもWEBサイトを露出させたい」という即効性を求める際に利用され、

SEO対策は「時間をかけてでもコストをかけずに、安定してWEBサイトを上位表示させたい」という際に行われるかと思います。

 

自分のビジネスがどちらに向いているのか、見極めたうえで両マーケティング手法を活用することをおすすめします。

 

2016年5月20日に投稿

はじめに

 

web集客についてあまり知識のない方でも、ブログを書くことがSEO対策のために有効な手法であることは、どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

上司からの指示やSEO対策の会社からの依頼で、週に数回ブログを更新することがルーチンワークになっている人も多いかと思います。

しかし、毎日毎日ブログを書いていると「書くことがなくなってきた・・・。」「もう正直、めんどくさい!」となってくることがほとんどです。

 

ブログのネタを収集する方法は後日お伝えするとして、ここで取り上げたいのは「なぜブログを書くモチベーションが下がってしまうのか」ということ。

それは、「ブログを書く本当の意味」を理解しないまま、会社に任されてしまっている人が多いからだと考えています。

 

そんな方のために、本日はブログを書くことで具体的にどのような効果が期待できるのかをお伝えします。

正しい内容と分量でブログを更新し続けることは、次のような流れで大きなメリットとなります。

 
1、新たなアクセスが狙える

ブログ記事が豊富になるということは、それだけサイト内のページが増えるということです。

ページが増えれば、検索ユーザーが貴社サイトにたどり着くための、最初にアクセスするページが増えるということにつながります。

(一般的に「ロングテール」と呼ばれる集客の手法です。)

 

分かりやすく例を出してみましょう。楽器を扱うサイトの中に、ピアノについて詳しく解説したブログ記事を多く持っているします。

検索エンジンでピアノについて検索したユーザーは、ブログを経由してあなたのサイトにたどり着く可能性が考えられます。

そこで、ピアノ以外にも「管楽器」や「弦楽器」についての記事を増やせば、それらのキーワードで検索したユーザーも取り込むことが出来るため、新たなアクセスを狙えるということになります。

 

2.検索ユーザーからの評価が上がる

有益な情報が掲載されており、さらに更新頻度の高いサイトは検索ユーザーから「便利なサイト」として高く評価されます。

自分が関心のある内容について、独自の情報が頻繁に投稿されるサイトであれば、ブックマークをしてもらえてリピートにつながることも期待できます。

 

また、内容が充実した良いサイトであれば、あなたのサイトを紹介したいと考えるユーザーもいるかもしれません。

結果、SNSでの拡散や、SEOにとって重要な自然な被リンクの獲得に繋がり、さらなる集客効果につながることが考えられます。

 

3.Googleからの評価が上がる

検索ユーザーからの評価が上がるということは、同時にGoogleからの評価も上昇すると言われています。

それは、そもそもGoogleという会社の目的を考えれば容易に予想が出来ることです。

 

Googleの収入源は、ウェブ上の広告費が主を占めています。しかしそれは、検索ユーザーがGoogleの検索エンジンを利用することが第一前提です

。ということは、Googleが最も優先すべきことは、「検索ユーザーにとって有益な情報を含んだサイトを、上位表示させること」だと考えられます。

このように考えれば、有益なブログコンテンツを増やすことが効果的なSEO対策であることが納得できるかと思います。

 

 

さいごに

 

本ブログでは、ブログを書く意味についてお伝えしました。

新たなアクセスが増えて ⇒ 検索ユーザーからの評価が上がり ⇒ 同時にGoogleからの評価も上がるという流れで、

SEOに高い効果を与えることが出来るので、ブログを書くことが非常に重要であることが理解いただけたかと思います。

 

ブログを書く事はモチベーションとの戦いでもあります。

しかし、自分が日々行っている事にしっかりとした意味があると感じられるなら、前向きにブログ執筆業務に取り掛かれるのではないでしょうか。

私も、このブログ記事を少しでも多くの方に読んでいただくことを想像し、ワクワクしながら投稿ボタンを押しております!

2016年5月16日に投稿

11202

 

▲順位チェックは1日3回以上行っています。

いつもサポートさせていただいているお客様の順位は「把握」しています。

「お客様より把握している」で当たり前と考えております。

 

 

SEO対策会社として「順位を上げる」のは当たり前の使命です。

S&Eパートナーズは、上位表示より お客様にとっての一番大切な

「成果」「結果」に意識を於いてサポートしています。

ECサイトなら「売上」 専門学校なら「資料請求や入学」

最終的な成果につなげるため、キーワード選びはとても重要です。

残念ながらお客様がご希望されるキーワード選びは殆ど間違っています。

弊社は最適なキーワードを根拠に基づいて(アクセス解析)ご提案いたします。

 

 

2015年11月19日に投稿

413seo

SEO会社ですので上位化は当たり前です。
キーワードは「集客ができる」「売上が上がる」キーワードをご提案させていただきますのでどんなキーワードで申し込めば良いのか解らない方はお尋ねください。
長年の運用実績から導き出された「キーワード」は長い目で見て、サイトを育て、認知度を上げ、売上を上げていく、確かなキーワードです。

2015年8月23日に投稿

SEO対策でインターネット集客をお考えの社長様に朗報です。

1日300円からスタートできる激安SEO対策のインターネット集客、5月末まで「トライアルキャンペーン」を開催しています。以下の条件をカバーした社長様は「キャンペーン価格」にてSEO対策をスタートできます。是非この機会にトライアルキャンペーン、ご利用ください。

 

【トライアルキャンペーン条件】

・SEO対策がはじめて

・ECサイト(物販)サイトではない

・5ページ以上のホームページ

 

今すぐお問い合わせください。

 

 

 

 

2015年4月19日に投稿