ブログ

(※本ブログは、はじめてのSEO対策シリーズの第3回でございます。第1回のブログ・第2回のブログをご覧のうえ、読んでいただけると幸いです。)

 

第3回は「どのようなSEO対策会社を選べば良いか?」についてお伝えいたします。

 

まず、その前にSEO対策をするうえで大切なことをお伝えします。

(※前回もお伝えしましたが、あえて繰り返させていただきます。)

“SEO対策は、SEO対策会社とお客様の共同作業です。”

 

一般的なSEO会社の仕事は検索順位を上げることですが、弊社では、検索順位をあげることはもちろん、集客に繋がる「良質なコンテンツ作り」についてのアドバイスをさせて頂きます。

 

つまり、お客様の課題や目標をしっかり共有し、その解決と目標達成に向けて真剣に向き合ってまいります。

 

そのため弊社では以下のことを大切にしております。

・対面でのお打ち合わせを重視し、お客様に常に寄り添う。

・スピードを重視したご対応を心掛けておりますので、困ったときや何か疑問が出てきたときにはすぐにお答えする。

 

と、手前味噌なことを申しましたが、やはりSEO対策会社として、「検索順位を上げる」ことは至上命題です。

そこで弊社は、【論より証拠】という考えのもと、「SEO対策 大阪」で検索結果1位を取り続けることで検索順位の上位化を体現しています。

そして、弊社が自社のSEO対策で結果を出した経験とノウハウをお客様へお伝えすることが最も説得力のあるコンサルティングと考えております。

 

さて、ここで本題に戻ります。

「どのようなSEO会社を選ぶべきか?」

極論を言ってしまうと、その答えは「自分たちを満足させてくれるのか」ということです。

 

「上位表示すれば満足!」の方や、「やり方を教えてもらって将来的には自分たちでSEO対策をしたい!」方など、お客様の満足ポイントは様々です。それと同様に、SEO対策会社の方針や取り組みは様々です。つまり、マッチングが重要となってきます。

 

弊社は、先ほどのお客様の例で申しますと、後者になります。

しっかりとしたお付き合いの中で、上位化と良いコンテンツ作りのノウハウをお伝えいたします。

 

ご興味のある方は、ぜひ一度お話をきかせていただければと思います。

ご納得いただけるように精一杯ご対応致します。

 

以上、S&Eパートナーズがお送りしました。

2017年9月22日に投稿

(※本ブログは前回の続きでございます。)

第2回の本日は、「SEO対策会社は何をやっているのか」「どのようなSEO対策会社を選ぶべきか」をお届けします。

 

―――SEO対策会社は何をやっているの?―――

SEO会社はサイトを上位に表示させるために、様々な【ノウハウ】をお客様へ伝えることが仕事です。

具体的には、Googleから高評価を得るために【良質なコンテンツ作り】のための情報の提供や、サイトの構造やタイトル・テキストなどの修正をご提案いたします。(すべてを公開すると大変なボリュームになりますのでブログでは割愛させていただきます。)

 

―――SEO対策会社に依頼すればあとはお任せ?―――

このご質問を非常に多くいただきます。結論を申しますと、「お任せではございません」。SEO対策には、SEO対策会社が対応する施策とお客様に対応していただく施策がございます。(お客様にご対応いただくものは、例えばブログの投稿やコンテンツの発信などがございます。)

お互いの行動があってこそ、SEO対策は効果がございます。

 

つまりSEO対策とは、SEO対策会社とお客様の共同作業だということを認識していただければと思います。

 

共同作業が大切ということは、SEO対策会社とのマッチングも重要な選択肢になってくるということです。

その中で、どのようなSEO対策会社を選べば良いのか。

 

 

こちらは次回ブログにてお届けいたします。

 

次回は第3回(はじめてのSEO対策 最終回)として「どのような会社を選べばよいか??」という内容をお届けいたします。

 

2017年9月15日に投稿

「SEOという言葉は聞いたことあるけど、よくわからない…。」

「SEOに興味があるけど、どうしたらいいかわからない…。」

 

本日は、上記のようなお悩みや不安をお持ちの方にぜひ読んで頂きたい内容をお届けします。(連載企画となりますので、続編も合わせてご覧いただければ幸いです。)

 

第一回は「そもそもSEOとは?」という内容でお届けします。

——-SEO対策とは——-

SEOとは、(Search Engine Optimization)の頭文字を取った言葉であり、検索エンジン最適化(※1)という意味です。

検索エンジン最適化とは、特定のキーワード(※2)で検索されたときに上位に表示させるために様々な対策をすることです。

 

検索結果で上位に上がると

<1>HPへのアクセス数が伸びる

<2>商品・サービス.購入する人(問い合わせ)が増える

<3>売上を伸ばすチャンスの増大へ繋がります。

 

Web集客にとって必須ともいえるSEO対策。

すでに多くの企業様が導入されております。

まだ導入されていらっしゃらない方は、ぜひご検討されてはいかがでしょうか。

 

次回は、

「SEO会社は具体的に何をしてくれるの?」

「どのようなSEO会社を選ぶべき?」

をお送りいたします。

 

以上、【S&Eパートナーズ株式会社】がお送りいたしました。

≪注釈≫

※1検索エンジンとは、GoogleやYahooといった検索サイトのことです。

※2例えば、「SEO対策 大坂」のようなものです。

2017年9月11日に投稿

■はじめに

WEBのアクセス解析ツールとは?と聞かれれば、多くの人がGoogleアナリティクスを挙げるでしょう。

Googleアナリティクスは無料で使える高性能解析ツールで、個人・企業問わず広く利用されるWEB集客の必須ツールなりました。

 

しかし皆さん、実は各種SNSにも無料で使えるアクセス解析ツールが存在することを知っていましたか?

サイトの露出・投稿記事の拡散にはSNSが有効であることは知られていますが、機械的に運用するだけでは不十分です。

 

今回ご紹介する3つのアクセス解析ツールを利用して、運用しているSNSを見直し、改善してみてください。

 

S&Eパートナーズの次世代アクセス解析サポートツールはこちらから

https://seo-best.jp/access/

 

 

■Facebookページインサイト

https://ja-jp.facebook.com/help/336893449723054/

 

Facebookページを持つ人なら、だれでも無料で利用できる解析ツールです。あなたのページにいいね!が押された数の増減や、投稿ごとの他ユーザーの反応、または訪問したユーザーの属性まで、様々な要素を分析することが出来ます。

 

この解析ツールを使うことで、まずはどのような層があなたのページに訪れているか知ることが出来ます。それによって、投稿すべき内容や伝え方などを見直し、運営の戦略を立て直すことが出来るでしょう。

 

反応が多く得られる時間帯を狙って投稿することも効果的ですし、反応があった投稿に近しいコンテンツを増やせば、より多くのファンを獲得することにもつながります。

 

 

■Twitterアナリティクス

https://analytics.twitter.com/about

 

こちらもTwitterアカウントを持っているなら、誰でも使える解析ツールです。

直近28日間のアクセス数やフォロワー数、月間で最も閲覧されたツイート等を確認することができます。

自社の情報を発信するためにtwitterを活用している企業にとって、クリック率の高いツイートの傾向を掴んだり、比較したりすることに役立てられます。

 

https://analytics.twitter.com/user/自分のTwitterアカウント名/tweetsと入力するだけで、すぐに解析結果を確認できるところも優秀なツールです。

 

 

■YouTubeアナリティクス

https://support.google.com/youtube/answer/1714323?hl=ja

YouTubeにアップした動画が、どこからアクセスした誰に見られているのか?また、どのような動画と関連性があるとされているのかを解析することが出来るツールです。

 

時間や地域ごとの再生回数やユーザー層、そしてどのサイトに埋め込まれた動画が再生されているのかまで確認することが出来ます。

 

また、Googleアナリティクスと同様、どのような検索キーワードから閲覧されているのか確認でき。YouTubeの運用戦略を考える上で有益な情報を得ることが出来ます。

 

 

 

 

■さいごに

 

今回は以下の3つのSNS用アクセス解析ツールをご紹介しました。

 

・Facebookページインサイト

・Twitterアナリティクス

・YouTubeアナリティクス

 

例えばリアルの世界でお店を持っていれば、来店されるお客様に直接「今日はどちらから来られたんですか?」「お気に入りの商品はございましたか?」などと聞くことが出来ます。

 

しかし、WEBサイトの場合はそれが出来ないため、売り上げを上げるために重要な情報が得られません。それをカバーしてくれるのが、これらのアクセス解析ツールなのです。

 

メディアを運用するだけでアクセス解析を怠るということは、お客さんの声に耳を傾けないことと同義と言えるでしょう。

 

 

2016年6月28日に投稿

■はじめに

S&EパートナーズはSEO対策やリスティング広告運用だけではなく、WEB集客の総合サポートを期待できるWEBコンサルタントとして、お客様にお役立ちできる方法をいつも考えています。

最近では、「大阪 WEBコンサル」というワードで弊社サイトを検索頂いたというお客様もいらっしゃり、よりコンサル力を強化する必要があると感じております。

 

そこで今回は、WEBコンサルはどうして必要なのか?そして、WEBコンサルタントに求められる条件とは何かをまとめました。

 

■なぜWEBコンサルタントが必要か

WEB部門や専任のWEB担当者が存在するなら別ですが、中小のベンチャー企業がWEB集客に時間を取りつつ本業を行うことは至難の業です。さらにWEB業界は情報の流れが非常に早く、WEBツールの多様化やGoogleの進化がWEB集客をさらに複雑化させています。

 

そのため、片手間で成功できるほどWEB集客は甘くありません。豊富なデータやノウハウに基づき、長期的な計画を立てて継続的に改善を図っていく必要があります。だからこそリソースに限りのある中小のベンチャー企業は、必要な投資としてWebコンサルティングを依頼することが求められます。

 

■WEBコンサルのメリット

専門知識と経験のある担当者がアドバイスをするので、ホームページの課題に対する原因が短期間で分かり、解決策を得ることが出来ます。また、自社が抱える悩みを相談できる「相談窓口」としての役割も果たすので、有益な情報源となることが期待できます。

 

また、本来であればWEB集客に関する情報収集にも時間を割かなければいけませんが、コンサルタントがそれを代行することで、より正確な情報が得られ、本業にも集中することが可能です。

 

■WEBコンサルタントの条件とは

 

WEBコンサルタントはWEBに関する知識は当然求められますが、それだけでは優秀なコンサルとは言えません。むしろそれ以外の、以下3点のような力が求められます。

 

  • コミュニケーション力

WEB集客の成功には、コンサルタントとクライアント間の関係性が非常に重要です。コンサルはクライアントの内部深くに入り込み、社員と同等の意識を持ち、主体的に課題解決に取り組む必要があります。そのためには、適切な距離感を保ちながらアドバイスを行うコミュニケーション力が必須です。

 

  • 説得力

WEBコンサルタントは、WEBディレクターやWEBプロデューサとは違います。WEB集客を成功に導くためには、時にはクライアントに対して強く意見を通し、現状を変えるための主張をしなければなりません。「会議の進行を改善すべきだ!」「もっと主体的に取り組んでくれ!」など、クライアントに伝えるのは大変ですが、それが出来る説得力が必要になります。

 

  • 論理思考力

コンサルタントには論理思考力が必須です。クライアントは「自分達だけでは解決できない」という課題を、WEBコンサルタントに頼って依頼をします。つまり、コンサルタントは1歩も2歩も先を読み、思考を巡らせて先導しなければなりません。WEB集客の戦略を練るにしても、クライアントに対して何かを伝えるにしても、論理性がなければ不可能です。

 

■おわりに

WEB集客にはコンサルタントのアドバイスを受けることが重要であること、そして優秀なコンサルを見極めるための要素がお分かりいただけたと思います。

 

社員全員が一流のWEBコンサルタントとしてお客様をサポートできるよう、S&Eパートナーズも以上の条件を満たすため、日々邁進してまいります。

2016年6月17日に投稿