激安・低価格SEO対策 High5 | 1日200円で3キーワード 返金保証付◎S&Eパートナーズ

ブログ


はじめに

 

WEB集客の代表的な手法に、「SEO対策」と「リスティング広告」があります。

おそらくこのブログをご覧頂いている方の多くは、SEO対策についてご存知かと思います。

 

SEOを知らない方のために、簡単にご説明しましょう。

SEO対策とは、「GoogleやYahooなどの検索エンジンで、サイトを上位表示化させるための最適化」のことを指します。

WEB集客の基本であり非常に重要な要素であるため、弊社でもこのSEOのご依頼を多くいただいております。

 

しかし、リスティング広告とは何なのか?と聞かれると、ボンヤリとしか理解していない方も多いのではないでしょうか。

 

SEOとリスティング広告は共通する部分があるので、しばしば似たものとして捉えられがちですが、その効果や目的は異なります。

そこで今回は、リスティング広告についてSEOとの類似点、相違点を明らかにしながらご説明します。

※ここでは便宜上、「リスティング広告=検索連動型広告」としています。

 

リスティング広告とは

YahooやGoogleなどの検索エンジンで、ユーザーがあるキーワードで検索した時に、

そのキーワードに応じて検索結果画面に表示される広告のことを「リスティング広告」と呼びます。

リスティング広告は基本的に、広告をクリックされた回数に応じて料金を支払う方式となっており、

上限の予算や広告の掲載頻度をコントロールできるため、企業や個人事業主の集客ツールとして広く利用されています。

 

SEO対策とリスティングの共通点とは?

どちらも「検索エンジンで何かしらの検索行動をしたユーザーを、WEBサイトに誘導する」という点が共通しております。

ユーザーが検索行動を取るということは、何かしらの情報を求めていたり、特定の商品・サービスの購入を検討している可能性があります。

そのような「目的」をもった潜在顧客に対してアプローチをかけるという意味では、この2つのマーケティング手法は同じです。

 

SEO対策とリスティングの相違点とは?

 

SEO対策の場合、上位表示させたいWEBサイトが検索エンジンの上位に表示されるかは、ランキングアルゴリズムによって決定されます。

情報の質とボリュームが高いサイトは上位表示される傾向にありますが、そのためには多くの時間と労力、コストを要します。

 

一方リスティングは、検索エンジンの広告枠を「購入する」行為なので、

極端な話、お金を出しさえすれば検索結果の上部に表示させることが出来るのです。

(厳密にいえば、かける費用のみが検索結果を左右するのではありません)

設定にそれほど時間も取られないため、比較的すぐに成果が見込めるでしょう。

 

どちらに力を入れれば良いの?

 

ご説明した通りSEO対策とリスティングは、共通点はあるものの異なるもののため、どちらが良いかは一概には言えません。

 

一般的に、リスティングは「コストをかけてでも、すぐにでもWEBサイトを露出させたい」という即効性を求める際に利用され、

SEO対策は「時間をかけてでもコストをかけずに、安定してWEBサイトを上位表示させたい」という際に行われるかと思います。

 

自分のビジネスがどちらに向いているのか、見極めたうえで両マーケティング手法を活用することをおすすめします。

 

2016年5月20日に投稿