激安・低価格SEO対策 High5 | 1日200円で3キーワード 返金保証付◎S&Eパートナーズ

ブログ


■はじめに

SEO対策に限らず「安ければ安いほうが良い」というのは、ビジネスマンの心理としては当然です。

しかし「安かろう、悪かろう」という言葉があるように、安易に安さだけを求めることは危険も孕みます。

 

特にWEB集客を始めたばかりの中小企業や事業主様は、そんな激安SEOの罠にはまりがちです。

今回は、SEOに安さだけを求めた結果どのような未来が待っているのかを紹介します。

 

■悪質なリンクを安価で購入した結果こうなった

 

外部サイトからの自社サイトに送られるリンクがSEO上重要であると、昔からよく言われます。

そんな情報を利用して「格安で被リンクを購入!あなたのサイトの順位を上げます!」などの謳い文句でセールスを行う業者がいます。

 

しかし本当に重要なのはリンクの「数」ではなく、「質」であることは昨今のSEOでは当たり前です。

それを知らずに質の悪いリンクを大量に送ることで、逆にサイトの評価を下げてしまうという例が多く見られています。

最悪の場合、Googleより重大なペナルティを課せられ、再び順位を上げるために多大な手間と労力をかけなければならない事態にも陥りかねません。

 

■粗雑なコンテンツを安価で購入した結果こうなった

 

「サイトのコンテンツボリュームが多ければ、Googleからの評価が上がる!」ということもSEOではよく言われます。

確かに、良質でオリジナリティのあるコンテンツが多ければ、Googleにとっても検索ユーザにとっても高評価される可能性が高いため、

多くの企業がブログなどを駆使してコンテンツ作成に注力しています。

 

しかし、ブログを書くことも人件費の観点では費用がかかります。

そのため、ブログ記事を1本〇〇円で販売!と謳う業者に安く依頼してしまう経営者の方が多いようです。

ところが、そのような業者の中には単なるコピーコンテンツを販売しているところもあり、そのような対策は逆にGoogleからの評価を下げることにつながります。

 

 

■自社でSEO対策した結果こうなった

 

業者に頼むのが危険なら、自社でやるのが費用もかからず一番だ!という結論に達し、自社でSEO対策を行う企業様もおられます。

確かに、SEOについて自主的に取り組み、知識を蓄えることは非常に良いことです。

 

しかし、やはり個人で行うSEO対策には技術的にも時間的にも限界があります。

SEO対策に時間を取られて本来やらなければならない業務に時間を裂けられず、ビジネス全体に悪影響を及ぼすようでは本末転倒です。

 

さらに、SEOは情報が流れるスピードが非常に早く、常に最新情報にアンテナを張っていないとせっかくの対策が無駄になってしまうこともしばしばです。

 

■さいごに

 

SEO対策には近道がなければ、抜け道もありません。かけるべきコストはしっかりとかけて、安心して任せられる業者を選ぶことが必須です。

 

しかし、すべての方が高額な広告費をかけられるわけではないということは重々承知しております。

弊社では「これくらいの効果を出そうとすると、これくらいが最低限いただかなければならない費用です」というスタイルでご提案しております。

 

WEB集客は投資の手段のひとつです。費用対効果を考えて、最適な対策を取れる方法をお選びください。

2016年5月27日に投稿