ブログ

■はじめに

WEBのアクセス解析ツールとは?と聞かれれば、多くの人がGoogleアナリティクスを挙げるでしょう。

Googleアナリティクスは無料で使える高性能解析ツールで、個人・企業問わず広く利用されるWEB集客の必須ツールなりました。

 

しかし皆さん、実は各種SNSにも無料で使えるアクセス解析ツールが存在することを知っていましたか?

サイトの露出・投稿記事の拡散にはSNSが有効であることは知られていますが、機械的に運用するだけでは不十分です。

 

今回ご紹介する3つのアクセス解析ツールを利用して、運用しているSNSを見直し、改善してみてください。

 

S&Eパートナーズの次世代アクセス解析サポートツールはこちらから

https://seo-best.jp/access/

 

 

■Facebookページインサイト

https://ja-jp.facebook.com/help/336893449723054/

 

Facebookページを持つ人なら、だれでも無料で利用できる解析ツールです。あなたのページにいいね!が押された数の増減や、投稿ごとの他ユーザーの反応、または訪問したユーザーの属性まで、様々な要素を分析することが出来ます。

 

この解析ツールを使うことで、まずはどのような層があなたのページに訪れているか知ることが出来ます。それによって、投稿すべき内容や伝え方などを見直し、運営の戦略を立て直すことが出来るでしょう。

 

反応が多く得られる時間帯を狙って投稿することも効果的ですし、反応があった投稿に近しいコンテンツを増やせば、より多くのファンを獲得することにもつながります。

 

 

■Twitterアナリティクス

https://analytics.twitter.com/about

 

こちらもTwitterアカウントを持っているなら、誰でも使える解析ツールです。

直近28日間のアクセス数やフォロワー数、月間で最も閲覧されたツイート等を確認することができます。

自社の情報を発信するためにtwitterを活用している企業にとって、クリック率の高いツイートの傾向を掴んだり、比較したりすることに役立てられます。

 

https://analytics.twitter.com/user/自分のTwitterアカウント名/tweetsと入力するだけで、すぐに解析結果を確認できるところも優秀なツールです。

 

 

■YouTubeアナリティクス

https://support.google.com/youtube/answer/1714323?hl=ja

YouTubeにアップした動画が、どこからアクセスした誰に見られているのか?また、どのような動画と関連性があるとされているのかを解析することが出来るツールです。

 

時間や地域ごとの再生回数やユーザー層、そしてどのサイトに埋め込まれた動画が再生されているのかまで確認することが出来ます。

 

また、Googleアナリティクスと同様、どのような検索キーワードから閲覧されているのか確認でき。YouTubeの運用戦略を考える上で有益な情報を得ることが出来ます。

 

 

 

 

■さいごに

 

今回は以下の3つのSNS用アクセス解析ツールをご紹介しました。

 

・Facebookページインサイト

・Twitterアナリティクス

・YouTubeアナリティクス

 

例えばリアルの世界でお店を持っていれば、来店されるお客様に直接「今日はどちらから来られたんですか?」「お気に入りの商品はございましたか?」などと聞くことが出来ます。

 

しかし、WEBサイトの場合はそれが出来ないため、売り上げを上げるために重要な情報が得られません。それをカバーしてくれるのが、これらのアクセス解析ツールなのです。

 

メディアを運用するだけでアクセス解析を怠るということは、お客さんの声に耳を傾けないことと同義と言えるでしょう。

 

 

2016年6月28日に投稿

■はじめに

S&EパートナーズはSEO対策やリスティング広告運用だけではなく、WEB集客の総合サポートを期待できるWEBコンサルタントとして、お客様にお役立ちできる方法をいつも考えています。

最近では、「大阪 WEBコンサル」というワードで弊社サイトを検索頂いたというお客様もいらっしゃり、よりコンサル力を強化する必要があると感じております。

 

そこで今回は、WEBコンサルはどうして必要なのか?そして、WEBコンサルタントに求められる条件とは何かをまとめました。

 

■なぜWEBコンサルタントが必要か

WEB部門や専任のWEB担当者が存在するなら別ですが、中小のベンチャー企業がWEB集客に時間を取りつつ本業を行うことは至難の業です。さらにWEB業界は情報の流れが非常に早く、WEBツールの多様化やGoogleの進化がWEB集客をさらに複雑化させています。

 

そのため、片手間で成功できるほどWEB集客は甘くありません。豊富なデータやノウハウに基づき、長期的な計画を立てて継続的に改善を図っていく必要があります。だからこそリソースに限りのある中小のベンチャー企業は、必要な投資としてWebコンサルティングを依頼することが求められます。

 

■WEBコンサルのメリット

専門知識と経験のある担当者がアドバイスをするので、ホームページの課題に対する原因が短期間で分かり、解決策を得ることが出来ます。また、自社が抱える悩みを相談できる「相談窓口」としての役割も果たすので、有益な情報源となることが期待できます。

 

また、本来であればWEB集客に関する情報収集にも時間を割かなければいけませんが、コンサルタントがそれを代行することで、より正確な情報が得られ、本業にも集中することが可能です。

 

■WEBコンサルタントの条件とは

 

WEBコンサルタントはWEBに関する知識は当然求められますが、それだけでは優秀なコンサルとは言えません。むしろそれ以外の、以下3点のような力が求められます。

 

  • コミュニケーション力

WEB集客の成功には、コンサルタントとクライアント間の関係性が非常に重要です。コンサルはクライアントの内部深くに入り込み、社員と同等の意識を持ち、主体的に課題解決に取り組む必要があります。そのためには、適切な距離感を保ちながらアドバイスを行うコミュニケーション力が必須です。

 

  • 説得力

WEBコンサルタントは、WEBディレクターやWEBプロデューサとは違います。WEB集客を成功に導くためには、時にはクライアントに対して強く意見を通し、現状を変えるための主張をしなければなりません。「会議の進行を改善すべきだ!」「もっと主体的に取り組んでくれ!」など、クライアントに伝えるのは大変ですが、それが出来る説得力が必要になります。

 

  • 論理思考力

コンサルタントには論理思考力が必須です。クライアントは「自分達だけでは解決できない」という課題を、WEBコンサルタントに頼って依頼をします。つまり、コンサルタントは1歩も2歩も先を読み、思考を巡らせて先導しなければなりません。WEB集客の戦略を練るにしても、クライアントに対して何かを伝えるにしても、論理性がなければ不可能です。

 

■おわりに

WEB集客にはコンサルタントのアドバイスを受けることが重要であること、そして優秀なコンサルを見極めるための要素がお分かりいただけたと思います。

 

社員全員が一流のWEBコンサルタントとしてお客様をサポートできるよう、S&Eパートナーズも以上の条件を満たすため、日々邁進してまいります。

2016年6月17日に投稿

■はじめに

前回の「無料ブログVS WordPress」では、SEO対策にWordPressの活用が効果的であることをお伝えしました。

今回はWordPressを更に効果的に使うために、” 無料 ”で使えるSEOに適したプラグイン(拡張機能)をご紹介します。

どれもWordPress管理画面の >プラグイン>新規追加 で簡単にインストールできるので、お試しください。

 

  • All in One SEO Pack

SEO対策の最も基礎的な対策であるメタタグの設定を一括して管理が出来る機能です。本来であればHTMLを書き換える必要があるメタタグですが、この機能ではWordPressの設定画面上で簡単に変更することが出来ます。

 

その他、アクセス解析コードの設定やGoogle Search Consoleのタグ発行など、SEOに不可欠な設定も併せて行えます。

 

  • PuSHPress

WordPressで投稿した記事を、素早くGoogleにインデックス(検索エンジンに登録)させるためのプラグインです。

記事を投稿したまま放っておくと、長ければ数日インデックスされるまでの時間がかかります。

Search Consoleを利用して手動でGoogleにインデックスの依頼をする方法もありますが、SEO対策効果に即効性を求めるなら、このプラグインを利用するのが良いでしょう。

 

  • Google Sitemap Generator

XMLサイトマップを自動送信できるプラグインです。検索エンジンに対してサイトの更新を円滑に伝えるために行うサイトマップの送信ですが、本来であれば更新のたびにXMLファイルを作成し、アップロードする必要があります。そんな手間をかけずに、業務を効率化するのに便利なプラグインです。

 

 

 

■さいごに

今回ご紹介した3つのプラグインはいずれも便利なものですが、利用すればすぐにでもSEOの効果があらわれるのではありません。

また、利用するテンプレートとプラグインの相性によっては、うまく機能しないケースや不具合が発生する可能性があることを、事前にご了承ください。

※その場合は、プラグインをアンインストールすることを推奨します。

 

どのようなプラグインを利用するにしても、Googleが推奨するSEO対策の基本を押さえることは前提条件になります。

弊社が提供するSEOコンサルティングサービスでも、「基本は確実に押さえたSEO対策」を実施しておりますので、あくまでも拡張機能は拡張機能、といった意識で対策を行う必要があるでしょう。

2016年6月14日に投稿

■はじめに

SEO対策を行う上で、ブログの活用は不可欠です。

WEB集客の成功を目指す皆さんの中には、既にアメブロやFC2ブログなどの無料ブログを利用している方も多いのではないでしょうか。

 

無料ブログは有用な集客ツールですが、広告が表示されたりカスタマイズに制限があるなど、やはり出来ることは限られてきます。

そこでS&EパートナーズのSEO対策サポートでは、無料ブログと併せて、ブログ系CMS (コンテンツマネジメントシステム) である「WordPress」 の活用をご提案しております。

 

昨今では利用する企業・事業主の数が非常に多くなったWordPressですが、アメブロなどの無料ブログと何が違うのか、いまいちわからないという方も多いかと思います。

そこで今回は、これからブログを始めたい方や、無料ブログから WordPress への移行を検討している方のために、無料ブログとWordPress は何が違うのかをお伝えしたいと思います。

 

■WordPressのメリット

無料ブログと比較して、WordPressはカスタマイズの自由度が非常に高いというメリットがあります。

複雑なシステムを組むためには専門知識が必要ですが、初心者でもテンプレートを利用することで多様なデザインを選択したり、プラグインを利用することで様々な追加機能を搭載することが出来ます。

無料ブログサービスと違って広告表示などの必要もないため、よりストレス無くブログ機能を利用することも可能です。

また、無料ブログではアカウント停止やサーバーダウンなどは基本的に「自己責任」ですが、そのようなリスクを背負わなくても良いという点も、WordPressのメリットのひとつです。

■WordPress のデメリット

WordPressのメリットとして自由度の高さを強調しましたが、当然ながらコストの発生やメンテナンスの必要性があります。

WordPressの場合、どのようなブログを構築するにしてもサーバーを用意する必要があります。

安いもので月額数百円、より安定性を求めるのであれば月額数千円の費用を払うことが求められるので、「タダでネット集客」と考える事業主の方には抵抗があるかもしれません。

また、無料ブログと違ってアップデートやバックアップの取得など、すべて自己責任でおこなう必要があります。

無料ブログは主婦や学生など、比較的ITリテラシーが低い方でも簡単に利用できるところが特徴ですが、WordPressを利用するためには多少なりとも知識を身に付けないと難しいかもしれません。

 

■WordPressはSEOに強いのか?

無料ブログとWordPress、どちらがSEOに適しているかということは、一概に答えを出すのは困難です。

WordPressにはSEOに特化した「All in One SEO Pack」というプラグインがあり、SEOの知識がない方でも検索エンジンに適したブログ構築を出来るため、

そのような意味ではSEO対策に適しているといえるかもしれません。

 

一方で、WordPressでブログを構築した場合は、ブログ開始直後のアクセスや被リンクを集めにくいという面があります。

例えばアメブロでブログを始める場合は、既に多く存在するアメブロユーザーがあなたのブログを見つけてくれる可能性がありますが、

WordPressの場合はそのようなチャンスが無く、ゼロからのスタートとなります。

もちろん、有益な情報を発信しているブログならWordPressで開始したものでも徐々にアクセスを集めることが可能ですが、即効性を求めるのであれば集客には不向きと言えるかもしれません。

 

■さいごに

無料ブログとWordPress、どちらもメリット・デメリットがあり優劣をつけるとは難しいとおわかり頂けたと思います。

それでは結論として、どちらを利用するのが良いのか?弊社の答えとしては、ずばりWordPressをおすすめします。

 

その根拠として、ブログをSEO対策のために利用するにあたって、もっとも重要なことは「長く続ける」という点です。

せっかく優良なコンテンツが蓄積されて、多くのファンを獲得できたブログでも、明日閉鎖されてしまうということであれば時間と労力が無駄になってしまいます。

 

その意味において、他人のサーバーを利用させてもらう無料ブログは、いつ追い出されるか分からないという不安定性があるため、大きなリスクとなります。

やはりコストをかけてでもサーバーをドメインを取得して、数年後を見据えたブログ運営をすることが最善の手といえるでしょう。

2016年6月6日に投稿